美冨久のブログ

美冨久酒造の出来事などあることないことを日記形式で配信

ネタ、2本立て

♪俺がいたんじゃ お嫁にゃ行けぬ わかっちゃいるんだ 妹よ
いつかおまえの よろこぶような 偉い兄貴に なりたくて~♪ 人呼んで 影武者と 発します。

渥美清寅さんの「男はつらいよ」
そういやぁ昔の映画はいつも2本立てでした。。。
「釣りバカ日誌」も元々は寅さんとの2本立てやったんですよね。昭和のお話です。

蔵祭りが間近に迫った今日、ブログも2本立てで。。。いきます。

おかげさまで今年も無事に甑だおしを迎えました。
その年の酒造りで仕込みに使う最後の酒米を蒸し終えて、
お米を蒸す釜(こしき)を片付ける(倒す)日のこと。
蔵元にとって酒造りの過程の中で一番大事な日で、
蔵人からアルバイトまで、全員が参加してお祝いの一席を設ける日です。
DSC_1425.jpg
今年は日曜日が甑倒しの日にあたり、その翌日、水口の割烹や満平さんで宴となりました。
蔵祭りを控えワチャワチャしてる毎日ですが、この時ばかりはそんなこともほったらかし。
ほどよくみんなで酌み交わします。

DSC_1423.jpg
器の上にも春の色どりがあふれます女子たちは桜の枝を大事そうに持って帰っておりました。

DSC_1430.jpg
蔵乙女1号と2号。2号さんは甑倒しが終わった後も粛々と蔵の仕事を頑張ってくれております。

DSC_1431.jpg
手前の増田さんはなんと今年、5丁もの田んぼを面倒見なければならなくなったらしく、
甑倒しをもって今年はおわり。

DSC_1429.jpg
長男が中学卒業の女子、長男が保育園卒園の女子、悲喜こもごもの(悲はないけど)の春です。

ミフクさんの甑倒しは滋賀県の中では比較的遅い方。もうすでに今年の酒造りを終えている蔵元も多く、
出来上がった新酒を抱えて、21日、第2回の滋賀の地酒新酒きき酒会が大津プリンスでありました。
正直言います「なんでこのタイミングでするねん。。。」
ミフクさん、ココロここにあらず。。。参加することに意義がある。新酒のみを抱えて参戦してきました。
DSC_1439.jpg
4代目は今大会の実行委員長。ゆえにブースにおらず。シマダくんと二人だけのブース。
はじめは業者関係者だけの入場のため、のんびりと。。。
DSC_1437.jpg
浅野日本酒店in京都の2大美魔女もようこそ。記念に一枚
蔵祭りも雄町してますよ~。

DSC_1436.jpg
今回もこんなの作って持参してくれた女子。私の高校時代、青い春の一つ下の師匠です。

DSC_1438.jpg
程なくして一般の入場になるとやっぱりこうなる。いつものことですが。
今回は天気が悪い中、推定1700名様ご入場。
いつもとおんなじ量の試飲を持っていったのですが、閉場1時間前にはなぜか試飲が全部カラッポに。。。あれ。。。??
最後はグダグダのブースで終わってしまいました。

でも蔵祭りの宣伝もしっかりさせていただきました。
「いくよ~」っという声もたくさんいただきました。
そんな声にお応えすべく、日々社内は奮戦中。
DSC_1432.jpg
こちら、抽選会で使う予定の抽選箱。みんな楽しんで準備進めております。
過去の三連星番外編の残りラベルを貼った抽選箱。
このインスタ映えしそうな箱を見つけに、この週末はぜひミフク春の蔵祭りへ!
天気・・・大丈夫そうですよ~。
スポンサーサイト
  1. 2018/03/22(木) 02:01:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜も更け、やがて夜明け。蔵まつりの朝へ! | ホーム | たまにはゆる~い話題で。。。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamahai.blog121.fc2.com/tb.php/828-9529d75b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美冨久酒造4代目蔵元の影武者

Author:美冨久酒造4代目蔵元の影武者
美冨久酒造のあられもない姿を日記風に記したブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる