美冨久のブログ

美冨久酒造の出来事などあることないことを日記形式で配信

夏の蔵の風物作業

♪ 青空に稲妻( run run run run run away) しがみついた きつく( hold on hold on hold on me )
恐がりだねと あなた笑うの 渚ぬらしてく スコール!♪影武者です。

堀ちえみちゃんの「稲妻パラダイス」
この唄はちえみちゃんが「ザ・トップテン」で唄ってる最中の振り付けで
ハイヒールを“明日天気になあれ”状態でピヨーンと飛ばしてしまった
その世代では有名な曲。
1984年CM 堀ちえみ 稲妻パラダイス 靴飛ばし ザトップテン
こんなの覚えてる人がどんだけいるのか。。。まっ、私もその一人なんですが。。。

さて、6月になりました。阪神百貨店試飲会、絶賛開催中の中、
蔵元のこの季節の「堀(掘る)」と言えば、コレ。
2017060122350002.jpg
そう、そろそろ掘りましょうか、の酒粕、土用粕という名の漬物用の粕です。
堀ちえみとは半ば強引なつなげでしたが、早速に今年の初堀りをしました。

今更おさらいもなんですが、 「土用粕」とはお酒を搾って出来た酒粕を
3ヶ月~半年、蔵のタンクで熟成させたものです。
酒粕に含まれる酵素の働きで熟成が進み、板粕の時よりも旨味成分が増えます。
板粕に比べると軟らかく、見た目も「味噌」のよう。
代表的なのは「奈良漬」用の粕床に使いますが、魚を粕漬けするのにもおススメです。

2017060122350001.jpg
袋詰めした蔵の中は開封したタンクのかおりが一面に漂いました。
これぞ、酒蔵の数少ない「夏の風物詩」です。
ちなみにご覧の通り、まったくの手作業。
2017060122350000.jpg
手際よく作業しないと、当然、ショウジョウバエも寄ってきます。。。
タンクから掘り出すのもモチロン手作業。

2017060122340000.jpg
酒粕を触ったあとの手はご覧の通り。水はじきもバッチリ!(わかりにくっ!)ツルッツル
お漬物をつける家庭も減ったので、昔みたいに売れなくなった酒粕ですが、
今年もボチボチ売っていきますか。

ちなみに毎年恒例の「土用粕のつかみ放題」を
今年も6月と7月の月末量り売りの時に開催します!
桶持参、1000円で好きなだけ詰めて帰れるアレです!
また詳細は後日。
その前に、まずは梅田阪神百貨店で!お待ちしてます!
スポンサーサイト
  1. 2017/06/02(金) 01:39:16|
  2. 蔵雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<すっきやもん、大阪! | ホーム | 今年も阪神百貨店、降臨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamahai.blog121.fc2.com/tb.php/758-e60e2bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美冨久酒造4代目蔵元の影武者

Author:美冨久酒造4代目蔵元の影武者
美冨久酒造のあられもない姿を日記風に記したブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる