FC2ブログ

美冨久のブログ

美冨久酒造の出来事などあることないことを日記形式で配信

白三連星米洗い

おやっさんが「雪かき」から無事に帰ってきました。
やはりあちらの方は大変なご様子。。。
水口はあっさりと雪解け。

おやっさん不在の間は「こやっさん(と○げパパさん)」が代わりに大活躍。

今朝も白三連星の「留め」仕込みの手伝いをさせてもらいました。
役目は蒸し米投入と櫂(かい)入れ。

日をさかのぼること数日前。この仕込みに使う酒米の手洗いにも参戦させてもらったときの様子。

P1020377_convert_20120220235659.jpg
滋賀渡船55号55%精米でござ~い。10kgずつザルで手洗います。

P1020380_convert_20120220235727.jpg
タイムキーパーはおやっさん。
「よ~い、はじめ!」の合図とともに水温10度に調節した水に米を入れたかごを漬けて手洗い。
20数えて、素早くザルをあげ、
タメ(バケツの様なモノ)3丁分の10度の水をまんべんなく手洗いした米にかけます。
そして別の容器に張った水にザルをつけます。ここからが浸漬(水を吸わせます)
P1020378_convert_20120220235747.jpg
こんな感じ。

「あと10秒」おやっさんの合図でザルを揚げる準備をし、
再度合図とともに水から引き上げ、台の上でザルを斜めにし、水切りします。
P1020379_convert_20120220235819.jpg

水が切れた頃を見計らい、デジタル量りで浸漬率を計測します。
P1020382_convert_20120220235838.jpg

あとは事前に用意した「場所」におやっさんの指示で米をあけていきます。
P1020383_convert_20120220235858.jpg

浸漬率の違う洗米を均等になるように合わせていく。これもおやっさんの勘と経験です。

下に敷いた麻布にくるんで、翌朝に蒸されることになります。

っとまぁ、こんな感じ。なんだか表現がチープですいません。
こないだはこの行程を5回。10℃のお水は「ちいたい」です。。。
釜屋さん(米洗い担当:あ○ちゃん)のおててはあかぎれでそりゃもう大変。。。
ご苦労様です。甑だおしは3月5日の予定。後もう少し!

以上、蔵人おてったい紀行のコーナーでした。
・・・そんなコーナーあったか?。。。
スポンサーサイト



  1. 2012/02/21(火) 00:44:20|
  2. 蔵雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<華のお江戸~ | ホーム | ぶるっ。。。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamahai.blog121.fc2.com/tb.php/240-7a557754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

美冨久酒造4代目蔵元の影武者

Author:美冨久酒造4代目蔵元の影武者
美冨久酒造のあられもない姿を日記風に記したブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる