美冨久のブログ

美冨久酒造の出来事などあることないことを日記形式で配信

休日仕事と呑みの両立。。。

♪Raindrops keep falling on my head and just like the guy whose feet
are too big for his bed nothing seems to fit, those
raindrops are falling on my head they keep falling ♪影武者です。

ようやく蒸し暑い梅雨らしくなってきました。なんもうれしくないんですが・・・
唄はB・J・トーマスの「雨にぬれても」
「雨に唄えば」とよくタイトルを間違える唄。
「えっ!?知らん?」って方、youtubeかなんかで検索したら、絶対知ってます( ̄ー ̄)。

さて、梅雨のさなかに存在するイベントをこなしまくる毎週末。
先週末、4代目は名古屋で滋賀酒のイベントをこなす中、店舗で量り売りと土用粕の取り放題
2017062410350000.jpg2017062410340000.jpg
おかげさまで量り売り「純米吟醸うすにごり」は、ぶっちゃけ良く売れました。
中々の好評。来月の良いプレッシャーになります(=∀=)。ありがとうございました。
ちなみに来月も土用粕の取り放題あります!

2017062523280001.jpg
そして日曜日には大津PARCOでの甲賀市のPRイベント、その名も「甲賀のいま」
甲賀のお茶と地酒、それらを入れる器、信楽焼をPRするイベント。
滑り込みで告知したおかげで(皆様のおかげで)お客さんが途切れることなく、終始賑やかに。

2017062722280001.jpg
全景はこんな感じ。お好きな信楽焼のぐい飲み・おちょこを1000円で購入し、
お好きな銘柄の甲賀の地酒をその器で3杯飲めるという、大まかにはそんな趣旨。
2017062722290000.jpg
望月酒造の御曹司モッチーと二人でお相手。
ここ2年ばかし、冬場にミフクさんの蔵へ手伝いに来てくれているので、気心知れた仲。
ただ本人はどう思ってるか、分かりませんが・・・(ノω`*)ノ

2017062523280000.jpg
正直どうなるか不安でしたが、開始と同時にいろんな方にお越しいただき、モッチーもしゃべるしゃべる。
2017062722270001.jpg
あっ!滋賀の巨匠!そして浜大津の御蔵さんも!
夕方から石山でお酒の会があったようで、その会の前に寄っていただいた方も。
2017062722290001.jpg
ちゃっかり別の酒の会の宣伝も・・・
滋賀の小蔵元の会。甲賀は土山の安井酒造さん参戦の会。
ちなみに7月15日の夕方から、旧大津公会堂にて・・・

2017062722270000.jpg
中には3時間ほどもおられる方もいたりで、やはりそうなったかの立ち飲み状態。
いいんです、それでこそ滋賀の地酒。立ち飲みではありません。「PR」です。。。
信楽焼の陶器屋さんはどう思ってたことでしょうか?聞けないです。。。

持っていく荷物もなかったので、電車で行ったってこともあり、おあとは二人で一献。
2017062722260000.jpg
膳所のノミビョウタンさんへ、いざ。
暖簾をくぐるなり・・・「あっ!影武者さん!」
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ・・・悪いことできません。。。
2017062523260000.jpg
一緒に楽しく飲ませていただきました。
一杯ひっかけて帰れるというのは、なんとも気分のいいこと。
仕事の終わりはぜひこうありたい!
そう思いながら、今日も帰りに子供を迎えに行く、影武者でした。。。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/29(木) 00:25:55|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

週末はハシゴミフクで・・・

♪ああ みずいろの雨~ 私の肩を抱いて 包んで降りつづくの~お~お~お~
…ああ くずれてしまえ~ あとかたもなく流されて行く 愛のかたち♪影武者です。

唄は八神純子の「みずいろの雨」

2017062118340000.jpg
降らない梅雨やなぁ・・・と言ってたら、案の定やってきました。規格外の暴風雨
朝の空瓶置き場もご覧のあり様。。。空ケースなのでどうってことないですが。
やっぱり今夏のお天気も危険な香りがします。。。

さぁ、梅雨空を切り裂いて、今週末は月替わり量り売りです。
2017062207540000.jpg
今月のお題は「純米吟醸のうすにごり」
三連星におりがらみ生っていうのがありますが、それとは違います。当然ですが・・・
昨日ようやくブレンド比率が完成。夏近しということで専用サーバーを使用しての提供です。

そして毎年この時期恒例の土用粕の取り放題も開催します。
18920153_795552903934160_3858328607045830470_n.jpg
土用粕とはお漬物(奈良漬)を漬けるための柔らかい酒粕。
1回500円で約4kgほどはお持ち帰りいただけます。
モチロン例年通り写真のような桶をご持参いただいた方には1000円で好きなだけ入れて帰ってください!
だいたい一般的には4kgの袋で1400円か1500円で売ってるので、そりゃもうお得以外何物でもございません。
昨今漬物も漬けるご家庭が減ってしまってるのは否定しようのない事実ですが、
もし家で漬けるよ~という方はこの機会にぜひ!
このイベントは来月の量り売りの日にも開催しますので、今月来れない方もご安心を。

2017062207550000.jpg
この子たちの出荷も順次始まりました。
夏の風景がアチコチで顔を出し始めました。焼けつくアスファルトの匂いの季節までもう少しです。

そして・・・
量り売りと同じ日、大津PARCOではこんなイベントがあります。
19366244_1440944755928138_1014958575421745744_n.jpg
「甲賀のいま」と題して、信楽焼と甲賀のお茶、地酒のPRイベントです。
24日と25日の両日大津PARCO5階のイベントスペースで開催のこの催し。
今、甲賀市では「信楽焼の器で甲賀のお茶と甲賀の地酒をもてなす条例」というのがあるのですが、甲賀市の地酒9社を信楽焼のぐい飲みで呑んじゃおう!みたいなことをやるんです。
そんでもって25日(日)なんですが、美冨久と寿々兜の望月酒造さんが、会場でお手伝いすることになりました!
内容は1,000円で信楽焼のぐい呑みを会場でご購入いただき、ズラリそろった甲賀の地酒のお好きなのを3種類その器で呑んでいただこうという内容です。ぐい呑み購入時に渡される3枚のコインとお酒を交換するそうです。追い金で追加呑みもOK。
その他にも信楽焼の展示や、地酒の展示(なにかは不明・・・)もあるそうです。
もし冷やかしちゃろ!って方ぜひ!・・・私がいます。。。(/ω\)
美冨久としても普段一般にはお出ししていない商品も持ち込みます。 場所は大津PARCOの5階の島村楽器さんの近くのスペースだそうで、お昼頃から夕方5時頃までです!

量り売りも大津PARCOも。どちらも雄町してます。
「はしご美冨久」、いかがですが?♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
  1. 2017/06/22(木) 12:43:34|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I am a father 、 you are father

♪額が床に付くくらい頭を下げ毎日働いてる 家族の明日を案じて 子供達に未来を託して
傷ついてる暇なんか無い 前だけ見て進む スーパーマンじゃない ヒーローでもない
疲れ、たどり着いた家 窓の明かり まるでダイヤモンド. I am a father♪2児の父、影武者です。

今日は父の日おかげさまで店舗の方も賑やかだったようです。
父の日に日本酒をご利用いただいた皆様、今年もありがとうございました。
唄は私の好きなパパ唄、浜田省吾の「I am a father 」
世間的には忌野清志郎 「パパの歌 」が一番なんだそうですが・・・浜省好きなもんで。。。

さて、「中学生の父」の1週間も無事終わりました。
2017061822440003.jpg
見るからに父と子・・・いや、違うな。こりゃあ先生と生徒だな。
ラベル貼りの指導中の図。
ラベルを貼ってくれた「i'm Sake Rock」は無事JR京都伊勢丹へと旅立っていきました。
梅酒の漬け込みも予想外に早く終わり(やるじゃないか、中学生!)、
2017061822440001.jpg
残った梅(ちょっと傷物の梅)と三温糖で梅シロップを作ったりして・・・
数週間で呑める・・・いや、飲めるらしい。

2017061822440000.jpg
しばらく完売状態になっていた店舗の酒ガチャガチャも中学生の活躍で無事復活。
今回はお酒の当たる確率がググッとUP!

毎日の朝の掃除の仕上げ
2017061822440002.jpg
参道沿いの植木の手入れ!なにさすねん!・・・いえ、いつもしてますねん。
バリカンでバリバリバリ~

乗ってみたいっていうので
2017061822420000.jpg
敷地内、空瓶置き場でフォークリフトの動かし方講習。
やはり高い所が好きなのか。。。

最終日、梅酒のラベルをオリジナルで作って貼ったあとは
2017061822430001.jpg
おやつも仕上げショートケーキでテンションMAX(o‘∀‘o)*:◦♪
無事5日間の父と子の職場体験も終了。

2017061822410000.jpg
梅酒シロップにびっしりとメッセージを残して帰っていきました。
従業員全員の名前といろんなメッセージ、習った単語。そしてと〇げさんのイラストラベル
大きくなったら日本酒呑むんだぞ、娘たちよ!
  1. 2017/06/18(日) 23:35:13|
  2. 蔵雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の晴れ間に梅と中学生

♪Oh, Loveland 目くるめく夏の午後 誰もが木陰に逃げ込んでた
焼けつく石畳の彼方に 揺らめく逃げ水の中から~♪影武者です

梅雨なのに爽やかすぎてこんな唄が出てきます。
山下達郎「LOVELAND ISLAND」
青い海が目に浮かびます。夏なんです。。。

でも夏になる前にアレをしなきゃ。アレ。梅酒の漬け込み。
そう、梅の実の漬け込みの季節と言えば彼ら(彼女ら)が来る。
今年も地元中学生の体験学習がやって来ました。今年は女の子3名様。

2017061422570000.jpg
早速にダイレクトメールの段取り。。。猫の手も借りたいとはまさにこのこと。
ちなみにまだ全部終わってません。

さあ、そして本題。
2017061422550001.jpg
今年もやって来ました甲賀町隠岐産南高梅。まずまずの出来のようです。

2017061422560000.jpg
1袋30kgの氷砂糖。家庭用ではまずお目に掛かれません。

早速昨日から梅の実のヘタ取りスタート。中々に順調にこなしてくれてます。
2017061422550000.jpg
中学生と言えば、もちろんこの方。学生の父、と〇げさん。
こうやって並んでいるとどれがと〇げさんか、わかりません(わかるわっ!)

2017061422530002.jpg
ひと桶分ヘタを取り終わった後の半切り桶の中の様子。
もあもあ浮いているのが取ったヘタ。。。フォトジェニックには程遠い画像。
しかし、ほぼお目に掛かることのない希少な(?)画像。。。

2017061422540000.jpg
山廃純米吟醸10年モノの原酒に投入された梅の実。まだ氷砂糖は入っておりません。
すべての梅を投入後、上からかぶせるように氷砂糖を入れます。

2017061422530001.jpg
作業の休憩中はなぜか高い所に上がりたがる中学生。ジュースを持って屋外タンクへ。

2017061422520000.jpg
3時のおやつもミフクさんの必須。
自分で作ろう!ソフトアイス
ミフクさんにはアイスマシーンがあるんです!
梅酒かける?ケーキシロップかける?っと誘ってみますが、まったく乗ってこない中学生。
シンプルにプレーンのアイスを嬉しそうに食べてます。

2017061422530000.jpg
今日は「I'm Sake Rock」のラベル貼りに挑戦。
日付のハンコがうまく押せず悪戦苦闘(゚∀。)アヒャ

明日には梅の漬け込みが予定より早く終わりそう。
・・・さて、残り二日間、何をしてもらいましょうか?
「学生の父」の悪戦苦闘も続きます・・・
  1. 2017/06/15(木) 00:54:49|
  2. 蔵雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミフクの夏・・・日本の夏・・・

♬Rainy days never say goodbye To desire when we are together
Rainy days growing in your eyes Tell me where's my way♪影武者です。

唄はガゼボの「I Like Chopin(ショパン)」 
1983年に流行った小林麻美の「雨音はショパンの調べ」の原曲です。
日本語版になると梅雨時の歌っぽくなりますが、原曲はどうなんだろ?

さて、梅雨に入って少しなりますが、案外いい天気が続いています。
2017061211270001 (1)
甲賀市甲南町で育ててもらっている三連星シリーズに使う山田錦の田植えも日曜日に終わりました。

そして店頭もようやく夏酒が出揃ってカラフルになってきました。
先日の阪神百貨店でも一番人気だった
「山廃純米原酒 I'm Sake Rock」もいよいよ販売開始。
2017061211270001 (1)
アルバイトの子が美術系の大学行ってる(・・・あってたかな?)関係で売り場のPOPも夏っぽく賑やかになってます。
私には毛頭出来ない芸当です。。。
お味は実にミフクらしい、燗がうまかったりして。。。あれっ!?ロックじゃあ・・・?本末転倒。

2017061211270000 (1)
コールドミフクと並んで皆さんを誘惑してます。

2017061211280000.jpg
金魚のにごり酒も店頭には1800mlもまだ少し残っています。
三連星のおりがらみ(青の三連星?)も好評発売中。
やはり夏。青い瓶の商品が幅を利かせています。

そしていよいよ・・・
2017061211280002 (1)
夏向けの商品案内が完成。
こっから組むのは手作業なんで人海戦術。1時間もすると飽きてきます。。。
まもなく皆さんのお手元へFLY A WAY!~

店のBGMも大瀧詠一。夏のミフクも暑苦しく皆様に寄り添います (^∇^)ノ

あっ、そうそう。
2017061213330000.jpg
水口のや満平さんがまた今夏も料理とお酒の会を7月1日に開催してくれやります。
料亭ですので、それなりの金額しますが、損はさせません。
レア酒も用意して雄町しております。着物・浴衣でご来店の方は500円引きだそうですっ!
  1. 2017/06/12(月) 13:10:30|
  2. 蔵雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すっきやもん、大阪!

♪好っきやねん 好っきやねん しょうがないやんけ~
好っきゃ 好っきゃ 好っきゃ 好っきゃ 好っきやもん  どないせえちゅうねん おか~ん♪まいどっ、影武者です。

ミス花子の「すっきやねん」
大好きな関西の皆様に支えられて、無事今年も阪神百貨店の試飲会終了いたしました。
今年はいつもより1週間早いスケジュール。いつもと違う蔵元さんに囲まれて。
2017060822440000.jpg
前日の4代目が立っている現場に潜入。
うちにはお客さんがいて、他の蔵元には全くお客さんがいないという貴重な瞬間の図。
「これは!」っと慌てて写真を撮りました。気持ちいい図です。。。
2017060822470000.jpg
私はそのままコチラ、越冬さんで一献。幸せな日曜の夜。。。

少々二日酔いのまま、阪神へ。
今回の目玉はこちら
2017060822450001.jpg
強烈な助っ人、通称「パタ姐さん」。なんや、目玉って商品ちゃうんかい!っと言う声もなく・・・
大阪のんべえファミリーの間では知らない人はいない、なんてことはない普通のミフクのお客さんです。
どうも愛酒でいとの際、4代目とお手伝いどうのこうのという密約が出来ていたらしく、
今回2日間だけ売り場を手伝っていただきました。
バイト代は夜の呑み代。。。ほほー・・・やるね~。

では、お手並み拝見
2017060822450000.jpg
あの手この手でお客さんをミフクの迷宮に誘い込んでいきます。
1万のお酒も売っちゃいました。スゲ~Σ(゚д゚|||)
このパタ姐さんを一目見ようと大阪ミフカーさんたちもたくさん来ていただいたりして
2017060822460000.jpg2017060822440001.jpg
大いに楽しく、賑やかな売り場でした。
たまに「こんなワイワイしてていいのか?」・・・っと思ったりもして。。。

モチロン、夜のバイト代も大幅アップ!
2017060822500000.jpg
心斎橋の焼き鳥「温(あつ)」さんでボトルワインあけて大満足でした。
領収書をいただくのも忘れずに・・・

ほぼほぼ毎日、関西ミフカーの皆様のありがたい冷やかしと熱い声援と
ゆるんだサイフのひもに支えられた1週間でした。
おかげさまで昨年よりも売り上げアップ!
最後、商品が全然足りず、スイマセンでした。

少しの足の痛みと皆様に支えられている充実感を抱えながら、
JR神戸線の爆破予告事件でダイヤが乱れまくった中を電車で帰ってきました。

次は秋、9月に同じ梅田の阪急百貨店に呼んでいただける予定です。
その時には秋酒で関西の皆様とランデブーできればと思います。

すっきゃねん!大阪!・・・のミフカーの皆さま~!
  1. 2017/06/09(金) 00:17:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の蔵の風物作業

♪ 青空に稲妻( run run run run run away) しがみついた きつく( hold on hold on hold on me )
恐がりだねと あなた笑うの 渚ぬらしてく スコール!♪影武者です。

堀ちえみちゃんの「稲妻パラダイス」
この唄はちえみちゃんが「ザ・トップテン」で唄ってる最中の振り付けで
ハイヒールを“明日天気になあれ”状態でピヨーンと飛ばしてしまった
その世代では有名な曲。
1984年CM 堀ちえみ 稲妻パラダイス 靴飛ばし ザトップテン
こんなの覚えてる人がどんだけいるのか。。。まっ、私もその一人なんですが。。。

さて、6月になりました。阪神百貨店試飲会、絶賛開催中の中、
蔵元のこの季節の「堀(掘る)」と言えば、コレ。
2017060122350002.jpg
そう、そろそろ掘りましょうか、の酒粕、土用粕という名の漬物用の粕です。
堀ちえみとは半ば強引なつなげでしたが、早速に今年の初堀りをしました。

今更おさらいもなんですが、 「土用粕」とはお酒を搾って出来た酒粕を
3ヶ月~半年、蔵のタンクで熟成させたものです。
酒粕に含まれる酵素の働きで熟成が進み、板粕の時よりも旨味成分が増えます。
板粕に比べると軟らかく、見た目も「味噌」のよう。
代表的なのは「奈良漬」用の粕床に使いますが、魚を粕漬けするのにもおススメです。

2017060122350001.jpg
袋詰めした蔵の中は開封したタンクのかおりが一面に漂いました。
これぞ、酒蔵の数少ない「夏の風物詩」です。
ちなみにご覧の通り、まったくの手作業。
2017060122350000.jpg
手際よく作業しないと、当然、ショウジョウバエも寄ってきます。。。
タンクから掘り出すのもモチロン手作業。

2017060122340000.jpg
酒粕を触ったあとの手はご覧の通り。水はじきもバッチリ!(わかりにくっ!)ツルッツル
お漬物をつける家庭も減ったので、昔みたいに売れなくなった酒粕ですが、
今年もボチボチ売っていきますか。

ちなみに毎年恒例の「土用粕のつかみ放題」を
今年も6月と7月の月末量り売りの時に開催します!
桶持参、1000円で好きなだけ詰めて帰れるアレです!
また詳細は後日。
その前に、まずは梅田阪神百貨店で!お待ちしてます!
  1. 2017/06/02(金) 01:39:16|
  2. 蔵雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

美冨久酒造4代目蔵元の影武者

Author:美冨久酒造4代目蔵元の影武者
美冨久酒造のあられもない姿を日記風に記したブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる