美冨久のブログ

美冨久酒造の出来事などあることないことを日記形式で配信

京都大学

今日は毎年恒例になった京都大学学祭の前夜祭
この前夜祭に美冨久のお酒が4斗ダル(一升瓶40本)で振舞われるのです
樽にオリジナルの文字を入れて、前夜祭を盛り上げるイベントの一つとして、3年前から毎年注文くれるのです
学生のみんなはただで酒が飲めるので1時間もかからず完売らしい

未来の日本を背負ってたつ若者に日本酒を飲んでもらう機会があるってありがたいことやし、ここで日本酒のおいしさに興味を持ってくれたらこれからの日本酒業界にも影響出てくるかも
スポンサーサイト
  1. 2008/11/20(木) 21:28:31|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滋賀 地酒の祭典!!

ちょー久しぶりに書きます!!!!
遅くなったけど日曜日に会った滋賀の一大イベント「地酒の祭典」について

正直、疲れた~
朝の9時に準備係もしているので集合!準備をせっせとこなし、12時に昼食(大津プリンスのImage067.jpg
料理長直伝の弁当)を食べ、最終確認
12時半にチェック終わってお客さん来る前にちょっと試飲と思っていたら、お客さんがいっぱい来てるので、開始を早めますとのアナウンス
まだ①部門の普通酒しかきき酒してないのに・・・

12時50分開始で5時までブッ通しでブースに立ちお客様に自慢の酒のご案内
たまに酔っ払いを相手にしながらそれでも1200人の相手は疲れた・・・

その後片付けもそこそこに第四部「地酒の夕べ」蔵元を囲んでのディナーを楽しみながら滋賀の地酒を楽しむと言うリッチな会食
ここでも蔵元はホスト役に徹するため飲み食いできず・・・
終了は9時・・・会場を片付け9時半ごろに打ち上げようやく一息

あの会は蔵元には非常につらい・・・けど、帰り際に聞く「おいしい日本酒をありがとう」「いいお酒造ってるね」「ファンになりました」などなど聞くと疲れも吹っ飛びます
いい飲み手、いい造り手、いい売り手がいればきっと日本酒に未来があると確信できます

以上ちょっと愚痴も入りつつの「地酒の祭典」の感想でした。

ちなみにメインイベントみんなで選ぶ滋賀の地酒で、最高賞「知事賞」(全部門中一番人気のもの)は香の泉「天醸(あまかもす)」でした。

その他に各部門(4部門・普通酒、純米酒、吟醸酒、純米吟醸酒)の上位に「びわ湖賞」が貰えるのですが、我が四代目候補のお酒は2部門で「びわ湖賞」貰いました Image066.jpgImage065.jpg


この賞のいいところは、全商品ブラインド(目隠し)でおいしいと思ったもの、自分の好きな味のお酒に票を入れる評価方式のため、純粋に一般の人が好きなお酒がわかるのです
今まで山廃仕込で審査会出しても、専門家からはいい評価もらってたけど、一般の人には癖がありすぎて評価が低かった・・・それが、今回もらった「びわ湖賞」の一つ普通部門で本醸造山廃仕込が入賞したのは大変うれしく今まで貰ったいろんな賞よりも価値があると思いました

ちょっと感傷的になったけど今までやってきたことが評価される喜びを改めて感じるいいイベントでした
  1. 2008/11/12(水) 21:27:56|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

美冨久酒造4代目蔵元の影武者

Author:美冨久酒造4代目蔵元の影武者
美冨久酒造のあられもない姿を日記風に記したブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる