美冨久のブログ

美冨久酒造の出来事などあることないことを日記形式で配信

このラベル、あなたは何に見える?

♪なぐさめあって 何になる 居はしないのさ そんな人
今日はひとり 風が吹く そしてあしたは きっと~。。。♪影武者です。

DSC_1657.jpg
ソメイヨシノが終わった蔵の近くでは、早くも次のボタンザクラが花をつけ始めました。
いずれにせよ、早い早い。。。

唄は井上大輔「風にひとりで」
ガンダムの映画「哀戦士」の挿入歌。
砂漠でふてくされてるアムロのバックに流れる風景が目に浮かびます・・・

この冬も最後のガンダムネタを振る日がやって来ました。
DSC_1621.jpg
迫りくるはボールかジムか・・・はたまた量産型の大群か。。。
いよいよ今年の番外編・第3弾がやって来ました。

酵母違いの今年の番外編。第3弾は滋賀県工業技術センターが保有する酵母「KKK-S」
かの小泉武夫氏が1994年に滋賀に一時期開設した財団法人日本発酵機構余呉研究所で
分離、育種された酵母の遺産。。。
「湖蝶の里」「紫霞の湖」というふたつの滋賀県統一銘柄のために開発した甘口純米のための酵母で、
細胞融合という当時の最先端技術で2つの吟醸酵母を融合させ、
両者の長所を兼ね備えた新しい酵母だったそうな。
(以上、当時の書類からコピペ・・・)
ちなみにもう一つの酵母が「KKK-9」。こちら辛口用。こちらはいまでもミフクさんでも使っているのですが、
「KKK-S]ってやつは、それこそ「湖蝶の里」「紫霞の湖」をやってたころ以来。
まだあったんやね。。。っという酵母です。

っで、肝心(?)のラベル。
DSC_1623.jpg
おっ!w( ̄o ̄)w 量産型ザク(量ザク)やん!
20180301071159.jpg
でも・・・違うんだな、これが。。。

dopp.jpg
ホンマはこいつ。その名は「ドップ」
「ジオン公国軍」の大気圏内用戦闘機。要は地球用。
緑色の一般機と、茶色に塗装されたジオン軍大佐ガルマ・ザビの専用機まであるそうなので、
今年の番外編カラーリング採用機のなかでは、まだ立派な奴。
4代目的には「ドップ」。でも・・・量ザクやんな、この色。まあ、どっちでもいいか。(4代目の前ではドップで。。。)

DSC_1622.jpg
DSC_1624.jpg
こうやって貼ったのが並ぶと量ザクの大群。あの頃のガンプラのCMのようです。

DSC_1661.jpg
今日も戦々恐々としながらパートさん女子たち、出荷に追われています。お仕事、お疲れ様です。
そろそろなにか差し入れでもしましょうかね

三連星29BY番外編第3弾「KKK-S酵母」、この週末、各酒販店に降り立ちます!
スポンサーサイト
  1. 2018/04/11(水) 23:38:08|
  2. what's new!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ~にごり酒も青春~♪

♪喫茶店に彼女とふたりで入って コーヒーを注文すること
ああ~ それが青春~♪ 影武者です。

唄は吉田拓郎の「青春の詩」
それでは「青春の詩」に乗せていきます!わかる方はご一緒に!

DSC_1103.jpg
週明けの月曜日~いきなりにごり酒を瓶詰めすること~ああ~ それがミフクの青春~♪

搾れてれたら発酵が進むので~早く詰めなければいけない~
ああ~ それがにごりの青春~♪

DSC_1105.jpg
米粒があるためノズルが~詰まってすぐ出て来なくなる~ああ~ それがにごりの青春~♪

DSC_1101.jpg
櫂棒で四六時中かき混ぜないと~商品に差ができてしまう~
ああ~ それがにごりの青春~♪

DSC_1102.jpg
一応は検瓶するけど~にごっててさっぱりわからない~
ああ~ それがにごりの青春~♪

DSC_1104.jpg
それでも火入れで燗したにごりは~やっぱり旨い~ああ~ それがミフクの青春~♪

♪さてミフクのにごりとは いったい何んだろう~
その答えは人それぞれで ちがうだろう~

♪ただひとつこれだけは 言えるだろう
先週から「にごり酒」の販売が始まった~
DSC_1269.jpg

♪金魚のにごりは5月からだけど~
冬ににごりが欲しい人が多いので~
数量限定で出してる~

♪これは手に入れずにいられない~
この貴重な期間限定のにごりを 僕たちは~

♪ゆきかすみと呼んでいるだろう~

♪皆さんも新酒にごり酒を…
今このひとときも 僕のゆきかすみ~♪

ネットでも売ってます。よろしく。
ミフクネットショップ「にごり酒ゆきかすみ」

お付き合いいただきありがとうございます。
モト唄、こんなんです。。。
よしだたくろう「青春の詩」
  1. 2018/02/18(日) 23:32:39|
  2. what's new!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

番外編、疑心暗鬼なラベルデザイン。。。

影武者です・・・。
う~ん。。。わからん。いいのかな。この路線で。。。
なんの話かというと、今年の三連星番外編。
第2弾がすでに先週末出撃しておりますが、私の責任分野、ラベルデザインのモチーフがまたまたマニアックすぎ。

commu.jpg
コレ。「コミュ」 ジオン軍が使用する小型艦載。これが番外編第2弾のデザインモデル。
推進力を得るための丸いプロペラのようなものがついているのでオスプレイみたいなもんか??
ネットで調べてもこれ以上の情報がよくわからない。。。
4代目に聞いても「1回出てきたかな?」 ・・・それ使う??

まっ、いいや。っで出来たのがコレ。
DSC_1212.jpg
なんだかパステルチック。今までなかった色ではある。
そうか!4代目はそこのスキマを狙ったのか!

DSC_1213.jpg
今年のテーマ酵母違い。今回は滋賀県工業技術総合センターで開発された酵母「IRCS-YS003]
昔使っていたことのある「IRCS-YS001」の泡なし版だそうです。
正直はじめて聞きました。
お味はふくよかなんだけど、透明感のある新酒。悪くないなぁ・・・
DSC_1205.jpg
瓶詰めした時のきき酒(あくまでもテイスティング)でもパートさんに好評でした。

DSC_1214.jpg
週末までに各小売店さんに届いています。
すでに1800mlは完売で蔵にも残ってませんが、
ミフクさんのお店にまだ720mlはありますので、お急ぎくださいませ。

「レアな酵母たちは三連星の荒野に、何を掛けるのか、何を残すのか!?」
  1. 2018/02/13(火) 00:07:09|
  2. what's new!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒いっ!でも量り売り!

♪追いかけて追いかけて~ お~いかけて~雪国~♪影武者です。

寒いっ(ノ_<)!雪はないけど。。。日本中雪国ってことで、
今日のお唄は吉幾三の「雪国」 ♪好きよ~あなた~

DSC_1106.jpg
ミフクさんの野戦病院化もだいぶ落ち着き、平静を取り戻しました。

そんな寒い寒い今週、ふたつの商品が発売になりました。
DSC_1071.jpg
ジャン!三連星(白)の中取り。
そもそも中取りとは、もろみを搾った時、最初の出始めの部分を「あらばしり」と言いますが、
それが過ぎて次に出てくる部分のことを「中取り(もしくは中汲み)」と呼んでます。
ちなみに最後搾り機の圧をかけて搾る部分を「せめ」と言います。
中取りは搾る過程の真ん中の部分、味と香りのバランスにすぐれているそうです。

この白の中取りもモチロン今年から米が山田錦に変更になったヤツ。
DSC_1072.jpg
週の初めから出荷を始めたので、もうそろそろそれぞれのお店に並んでいるかと思います。
DSC_1108.jpg
ミフクさんの店舗にも・・・ありました。

DSC_1109.jpg
あとはこの子。「山廃純米新酒あらばしり」
今年からラベルを少し変えました。
杉玉モチーフで、でけたてや秋の限定品と統一を図ってみました。
ものの見事に紅白饅頭ならぬ、紅白新酒です。( ̄▽ ̄)

そしてこの週末は恒例月末量り売り。
DSC_1110.jpg
今月は「山廃純米新酒生」
毎年のことですが、あらばしりとは使っている酒米の精白が違います。
あらばしりが吟吹雪70%精米に対して、今月の量り売りは山田錦60%精米。
これはもう、飲み比べですね!( ̄▽ ̄)

この週末もまだ寒そうですが、水口は雪ないので、恐れずお越しくださいませ。
27日28日、両日10時から17時ころまでです!
  1. 2018/01/26(金) 12:42:29|
  2. what's new!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100周年御礼!!

年に一度は登場!!美冨久酒造四代目蔵元です!!
影武者の様に歌から入れず、気の利いた文章でもないですが、1年間の感謝をこめて、今年の1年を充実させるために登場しました!!
2017年は美冨久酒造にとって記念すべき年でした。
初代:藤居孝三が滋賀県愛知川にある藤居本家より新家として新たに独立し甲賀市水口に藤居酒造を造って100年。
世界恐慌・第二次世界大戦・高度経済成長期・地酒ブーム・日本酒離れ・日本酒國酒として世界へ・・・。
多くの波に左右され、よい時期も悪い時期も何とか潜り抜けてきました。
今、再び日本酒に向く風が最超期に達し始めたこのタイミングで100年を迎えれたことに感謝申し上げます。
ずっと美冨久一筋愛飲していただいている皆様、美冨久酒造の従業員として携わっていただいていた皆様、美冨久酒造を応援していただいているミフカー、毎年冬になると機械音や米の蒸す蒸気など、ご迷惑をおかけしております近隣の皆様。
そして、今美冨久酒造の事業に携わっている皆様。
今まで100年間応援していただきありがとうございました。
100年も継続できたのは本当に皆様のおかげであると心より感謝しております。
おかげさまで、昨年も好調に成長させていただきました。
全国・世界に広がる美冨久のお酒。
わざわざ滋賀県の片田舎まで美冨久のお酒を求めて来ていただいたおかげで美冨久の蔵に約10,000人もの客さまに来ていただけました。
また、蔵見学も300組を超えるお客様に来ていただいていました。
さらに全国の三連星取扱店様には、丁寧にしっかりした売り方、ファン作りを担っていただいております。
感謝しか出て来ません。
本当にありがとうございました。

今年は101年目。
新たな一歩を踏み出すためにいろいろ計画中です。
さらに100年後、美冨久酒造200年を目指してずっと美冨久のお酒を醸していける準備を行います。
これからも美冨久酒造の「美冨久」「三連星」をどうぞよろしくお願い申し上げます。
100周年

美冨久酒造四代目蔵元:藤居範行 敬白
  1. 2018/01/01(月) 00:00:00|
  2. what's new!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

美冨久酒造4代目蔵元の影武者

Author:美冨久酒造4代目蔵元の影武者
美冨久酒造のあられもない姿を日記風に記したブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる